ワタミ バイト 体験談

ワタミのバイト体験談2|バイトに手を出そうとし、必要に迫る店長

高校生の時、ワタミでアルバイトしていました。
最初はキッチンでしたが、ある程度慣れてくると、
メンバー構成によってはホールをさせられることもありましたね。

 

仕事は楽でしたよ。
アルバイトというより、
サークルに顔を出しているような感じでしたから。

 

ですから、遊び半分で仕事をしたい人には向いているかもしれません。
仕事自体は高校生の私から見ても、特に難しいものはなかったです。
はっきりいって誰でもできるような仕事ばかりでした。

 

最初に任されたのがキッチンだったのですが、周りは全員男の人ばかり。
なぜ私だけキッチンになったのか、意味不明でした。

 

仕事だから、と割り切るようにしていましたが、
オーダーとかに対して、大きな声を出すことを強要されるのは、
相当な抵抗がありましたね。

 

ホールで働く女の子は大きな声を出させられることはないので、
そこだけはいつも不満に思っていました。

 

ファーストフードだと高校生が多いと思いますが、
居酒屋で働く高校生は多くありません。

 

なので、シフトの面は恵まれていました。
自分の希望通り、ということがほとんどでしたから。

 

大学生の人達はラストまでシフトを組まれることも多かったようで、
「終電に間に合わない」とよくこぼしていたのを覚えています。

 

そんなワタミで私が一番嫌だったのが、店長。
若い店長だったからか、すぐにバイトの女の子に手を出そうとするんです。
はっきりいって、見ていて不快でした。

 

恋愛は個人の自由ですし、
私のいたお店も、バイト同士など、かなり盛り上がっていましたが、
少なくとも責任者である店長は、公私の区別をしっかりして欲しいな、
と強く思っていました。

 

私はバイトと恋愛を完全に分けたい人なので、
余計にそう思うのかもしれませんが、
でもやっぱり店長がバイトに手を出してはまずいかと・・・。

 

と、色々書きましたが、トータルでは
ワタミは良いバイト先だと思います。

 

そこそこ働いて、そこそこのお金をもらえば良い、
という人には合っているバイトではないでしょうか。