ワタミ バイト 体験談

ワタミのバイト体験談6|ワタミのバイト面接は二段階制

ワタミの仕事について書く人は多いけど、
面接のことに触れている人が少ないので、
それを書こうと思う。

 

あ、でもこれはあくまで俺が体験したことで、
全国どこのワタミも同じようにやっているかを
確認したわけではないから、その点よろしく。

 

そもそもなんでワタミのバイトに応募したかと言えば、
その前に勤めていた個人経営の飲食店が給料を
きちんと払ってくれなかったから。

 

いくら一生懸命働いても、
給料もらえなかったら生活できないからね。

 

で、次のバイトを探しの時に、
ワタミを見つけて、ここなら全国チェーンだし、
給料が払われないこともないだろうと思って応募したんだ。

 

実際、ワタミの場合、一分単位でお金を払ってくれるから、
やっぱり大手は安心だよね。

 

さて、肝心の面接。

 

一回目は、
最初にワタミ特性の履歴書を渡されて、それに色々と書かされる。
将来の夢とかもあったな。

 

で、その後に店長からワタミについて色々と聞かされた。
ワタミの理念とか歴史とか、将来像なんかもしゃべっていた。

 

それが終わってからようやく面接。
これはごくごく普通のやつ。

 

仕事の希望とか、
通勤がどうだとか、そんなことを話した。
その後に結果を伝えられる。

 

そこからさらに今度は、動画を見せられる。
ワタミが制作した動画で、15分くらいの長さだったと思う。
内容は、お偉いさんのありがたいお言葉。

 

この間、店長は席を外すが、感想を書かなければならず、
それなりにしっかり見ておかなければならなかった。
眠さとの格闘と言えるかもしれない。

 

そこまで行って、
ようやく面接一回目が終了。

 

二回目はそれから間もなくのこと。
もう採用は告げられているので、
この二回目は、面接というより説明会のような感じだ。

 

ワタミは固定シフトを基本にしているとか、
仕事に関する注意事項とか、
給料のこととかも聞かされた。

 

最後にいつから出勤するか、
その後3日くらいあるトレーニングをいつにするか決めて、
二回目終了。

 

良くも悪くも大手だけに、
しっかりしているのは間違いない。

 

不払いで辞めた飲食店なんか、
大した説明もなく「いつから来られる?」
だったからね。